【画像付き】脱毛体験レポート – VIO(男性器・チン毛・肛門・ケツ毛)編

※ 2018/10/02
5回目の体験談を更新しました。

私がVIOの脱毛を考えたきっかけ

私は元々体毛が濃く、特にヒゲ・ワキ・男性器周り・肛門周り(いわゆるケツ毛)は毛が太くて毛量も多かったため、それがコンプレックスの塊でした。

私は体毛が濃くなり始めた中学生の頃から30歳近くになって本格的な脱毛を始めるまで一度も海やプール・温泉に行ったことがありませんでした。友達に誘われた時もいつも「その日は用事がある」「体調が悪くて止めとく」など言い訳をして逃げていました。本当は同じ空間を一緒に楽しみたくて仕方がなかったのに…。

恥ずかしい話ですが赤裸々に告白します。大学生になって彼女ができてからはエッチの度(デートの前など)に首から下の男性器以外の部分を剃っていました(男性器周りは毛をカットして適度に毛量を減らしていました)。

その後、VIOの脱毛をしようと決意する訳ですが、その理由は三つあります。一つは私自身の問題なのですが、社会人になって経済的にも余裕ができ、脱毛に回すお金ができたこと。もう二つはVIO脱毛を取り巻く環境の問題で、男性でもVIO脱毛ができるクリニックが増えて、施術を受ける男性が増えたこと。そしてムダ毛のない男性の方が清潔感があって良いという女性が増えた(より脱毛を受けるメリットが増えた)ことです。

事実、あの有名なパナソニックさんの調査によると、女性の86%が「毛深い男性は嫌い」と回答しているそうです。最近は「塩顔男子」なる中性的な顔立ちの男性が人気ですが、そうした時代背景もあって余計に私のような毛深い男性にとっては冬の時代なのかもしれません。

特に男女の関係になると、アソコ周りは非常にデリケートで重要な問題です。いくら綺麗な女性でもアソコの毛がモッサリ肛門まで生えていたりすると萎えてしまいますよね。それと同様に女性からしても脱いだ時に男性のアソコや肛門周りがボーボーだと引いてしまうのではないかと思います。

そこで、私はVIO脱毛を受けることにしました。以下はその時のレポートです。

VIO脱毛体験談 – 湘南美容外科クリニックにて

1回目

初回の感想はとにかく「緊張した」の一言でした。なにせ話したこともない赤の他人に男性器と肛門を見られる訳です。しかも、激痛なのか大した痛くないのか、また、担当する看護師さんが男性なのか女性なのかも分からない、そんな不安からクリニックのドアを開ける前からすでに心臓はバクバクでした。

カウンセリングとお金を払って、いざ施術開始です。なんと、担当は女性の看護師さんでした。この段階で「しまった、ちゃんと毛を剃れてるかな」と急いで毛を剃ってきてしまったことを後悔しました。

施術を受ける場所はカーテンで仕切られており、「裸になったらベッドに横になって下半身にシーツをかけてお待ちください」と言われ、私は指示に従いました。その後、初回はちゃんと毛を剃れているかのチェックがあり、私は裸でアイガード(目隠し)をされた状態で女性の看護師さんと女医さんにアソコを観察されました。全てが初めての経験なので、なんとも言えない緊張感がありました。

チェックが終わるといよいよ施術開始です。剃り残しがあった部分を丁寧にシェービングしてもらい、『医療レーザー脱毛』の機械である「メディオスター」を使って施術を受けました。「メディオスター」は従来の脱毛機械に比べて痛みが少ないというメリットがあり、実際の痛みもVライン(いわゆるビキニライン)の毛が濃くて密集している部分くらいでした。ただ、痛いと言ってもヒゲ(特に鼻下)の脱毛に比べると屁でもないレベルで痛みに弱い人でも余裕で耐えられるかと思います。

2回目を受けるまでに2ヶ月ほど空ける訳ですが、効果の方は「気持ち少し減ったかなぁ…」という感じです。元々、人間の体の中でも特に毛が濃い部分の脱毛なので、ヒゲと同様に回数を重ねて徐々に減っていくという感じかと思います。

2回目

2回目は1回目ほどの緊張はなく、痛みがほとんどないことも分かりましたので、リラックスして施術を受けることができました。

ただ、リラックスしている分、余計なことを考える精神的な余裕もでき、施術にあたっては全裸でアイガードをされた状態で女性の看護師さんに竿や玉を優しくいじくり回されることになるので気を抜くと思わず勃起してしまいそうで焦りました(実際、何度か半勃ちになってしまいました)。

2回目を終えての効果の方は「前回よりはさらに少し減ったかな」という感じです。

3回目

3回目は完全にリラックスした状態で施術を受けたこともあって、不覚にも何度かフル勃起してしまいました。

男性の生理現象として、竿や玉をいじられると条件反射的に勃起してしまうというのはあると思うので、特に看護師さんも気にせず施術を続けられていましたが、申込時の注意書きに「勃起状態が続く場合は施術を中止させていただくことがあります」と記載されていた覚えがありますので、すぐに萎えさせるよう違うところに神経を集中させていました。

3回目を終えると、少し効果を実感できるようになってきました。具体的には初回を受ける前と比べるとIライン(玉袋から肛門にかけてのライン)の毛がほぼなくなりました。

また、Vラインの毛量も減り、あれだけモサモサ生えていた股間の毛が少しスッキリしました。相変わらず肛門だけはまだモッサリしていましたが、それでもやる前と比べると1/3ほど毛量が減った印象です。

4回目

4回目も特に痛みはなく、正直、この頃から逆に痛みがないので「本当に脱毛効果はあるのか?」と疑うようになってきました。と、言うのもヒゲやワキのようなVIOと同様に毛が濃くて多い場所の脱毛は基本的に「痛い」ので、過去の経験から余計にそう思ったのかもしれません。

終わった後に「始める前にあまり効果が見られないので今日はレーザーの出力を強めでお願いしますと頼めば良かった」と少し後悔もしました。

こちらの画像は4回目の施術を受ける前日の画像です。自分的にはこれでもVラインの毛が少しスッキリした(元々はへその下近くまでビッシリ毛が生えていました…)のですが、現状のままですと、理想のVラインにはまだまだ遠そうです。

今回の経験を踏まえて、VIOの脱毛もヒゲ・ワキをお願いしている「ゴリラクリニック」に変更しようかと考えるに至りました。その理由は「湘南美容外科クリニックは脱毛の間隔が非常に長いこと」です。

VIOに関して言えば、1~3回目までは約2ヶ月おきでしたが、4回目からは約3ヶ月後と言われました。そしてさらに5回目からは約半年後です。正直、早くVIOの毛をスッキリさせたくて仕方がない私にとってはこの間隔は長すぎます。

そこで、基本的に10週間空ければ次回の施術を受けられるゴリラクリニックへの変更を考えているという訳です。同じ回数で考えた場合、値段は3倍近くまで跳ね上がりますが、ここは多少お金がかかっても効率重視です。とにかく私にとっては1日でも早くVラインの毛が薄くなり、Oラインの毛がなくなることが大事なのです。

また、VIO脱毛に際してよくある疑問はこちらにまとめていますので、より深く知りたい方は下記をご参照ください。

男性向けVIO脱毛よくあるQ&A集

5回目

宣言通り、5回目からはゴリラクリニックでVIO部分の脱毛を受けることにしました。ただ、Iラインは4回の施術でほぼ無毛状態になりましたので、ゴリラクリニックではVラインとOラインを申し込んでいます。

さて、ここからは体験レポートになりますが、実は今回、新たな試みをしました。それは『ヤグレーザーによるVIO部分の脱毛』です。これまではメディオスターで該当部分の施術を受けており、上記でも記載している通り、ほとんど痛みがなかったので「ヤグレーザーでも大した痛みはないだろう」と正直舐めてかかっていたのですが、この選択が大失敗でした。

この時、同時にヒゲの脱毛でもヤグレーザーを使ったのですが、メディオスター・アレキサンドライトとは比べ物にならないほどの痛みでした。詳しく知りたい方はヒゲ脱毛レポートの6回目に記載していますので、そちらをご参照ください。

【画像付き】メンズ脱毛体験レポート – ヒゲ(アゴ・鼻下・口周り)編

簡単に説明をすると、ヤグレーザーはアレキサンドライトと比べて冷却ガスの勢いや量がほぼ皆無だったので、冷たさによる痛みの錯覚・麻痺効果みたいなものがなく、レーザー脱毛ならではの痛みをダイレクトに感じました。

全体的に痛かったのですが、竿に近い部分はまだまだ毛が濃く・密集していたのでそこは特に痛みを感じました。Oラインもあまりの痛さに肛門がキュッと閉まってしまい、レーザーを照射される度に看護師さんに「痛いと思いますが、ゆっくりやるので力を抜いてくださいね」と言われていました。

ゴリラクリニックではVIO脱毛の機械はヤグレーザーかメディオスターの選択肢しかないとのことで、次回(約10週後)はメディオスターを選びました。湘南美容外科クリニックではメディオスターでお願いしていたので、次回はその違いなどをレポートしたいと思います。

ちなみに4回目→5回目にかけての抜け感ですが、3回目→4回目と比べると大分毛量が減りました(下記は5回目を受ける前日の画像です)。1回目の施術を受ける前と比べると毛量は60%くらい減ったのではないかと思います。

今回はヤグレーザーを使ったのでメディオスターと違って効果が見える化するのも早く、5回目を受けてからまだ10日ほどですが、Vラインは早くも毛が落ち始めています。

これまでにかかった費用

これまでにかかった費用はそれぞれのクリニックで以下となっています。

湘南美容外科クリニック

58,000円(6回)です。1回あたりは10,000円以下と男性向けVIO脱毛の中では最安値に近いくらい安いのではないでしょうか。

このように表面的なコストパフォーマンスで選ぶのであれば湘南美容外科クリニックはオススメです。ただ、デメリットとしては「脱毛の間隔が長い」「非常に予約が取りにくい」「男性向けVIO脱毛が可能な店舗が限られている」「剃り残しがあった場合、1部位につきシェービング代500円を取られる」が挙げられます。

腕など、剃毛が楽な部位なら剃り残りも無くせるのですが、VIOのような剃りにくくデリケートな場所は無理やり剃って傷が出来る可能性もありますし、どうしても完璧に剃ることが難しく、毎回500円×剃り残し3部位=1,500円の追加費用がかかるのは地味にコストがかさみます。

ゴリラクリニック

私の場合、Vライン63,000円/5回(12,600円/1回)・Oライン45,000円/5回(9,000円/1回)で申し込んだので、1回あたり2部位で21,600円と湘南美容外科クリニックと比べると大分割高になります。

ゴリラクリニックのデメリットとしてはやはり費用の高さが挙げられますが、メリットとしては「VIOに関しては男性看護師が施術するので恥(抵抗)がある方でも安心して受けられる」「担当する看護師さんが密にコミュニケーションを取りながら施術を行ってくれる(痛み具合を見ながら照射のペースやレーザーの出力量を調整する)ので痛みや恐怖感が和らぐ」といった精神面での充実が挙げられます。また、次回の予約も取りやすいです。

いくつかのクリニックや美容皮膚科で脱毛を受けた私個人の感想としては、特に脱毛を初めて受ける方にはゴリラクリニックをオススメしています。一見するとコストは割高ですが、男性向け特化ということでメンズ脱毛に関するノウハウもありますし、なにより担当の看護師さんが痛みを和らげようという心配りをすごくしてくださるので安心して施術を受けることができます(どうしても痛みに弱いという方向けに笑気麻酔も使えます)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする