【画像付き】メンズ脱毛体験レポート – ヒゲ(アゴ・鼻下・口周り)編

※ 更新内容
2018/09/26
6回目の体験レポートを追加しました

2018/10/10
6回目の抜け感を追記しました

私がヒゲ脱毛を考えたきっかけ

私が脱毛をするまでに至った経緯は別記事で詳しく記載していますので、ここではヒゲ脱毛を始めたきっかけについて述べていきます。

元々、私は中学生の頃から足やワキ・男性器・肛門などのお尻周りの毛が濃くなり始めたのですが、不思議とヒゲに関しては大学に入るくらいまで全体的にほとんど生えておらず、アゴヒゲがチョロチョロと生えているくらいでした。

20歳を超えたくらいからでしょうか。だんだんと顔全体にヒゲが生えるようになってきて、就活を始める頃にはすっかり濃くて量の多いいわゆる「青ヒゲ」状態になっていました。

生まれつき肌が白く、ほとんど日焼けもしない体質だったので、ヒゲ剃り後の青みは余計に目立つ状態でした。就活が始まった頃は女性用のファンデーションをヒゲ剃り跡に塗ってごまかしていたほどです。

ただ、これまで一度も化粧などしたことがなかったので、傍目から見るとファンデーションを塗っていたことが丸わかりだったのではないかと思います。今思うとそんな男が説明会や面接に来たら気持ち悪いですよね…(笑)。

そんな経験から私はヒゲ脱毛をする決意をしました。当時は今ほど男性向け脱毛を行っているクリニックも少なく、インターネットで色々と調べた結果、大手のメンズサロンで体験コースを受けることにしました。ちなみにこれが人生初の脱毛体験でした。

ヒゲ脱毛体験談① – 大手メンズサロンにて

人生初の脱毛は大手メンズサロンで受けた体験コースでした。施術場所は口角からアゴにかけてライン(いわゆるオシャレヒゲを作る際によく脱毛される部分)でした。この時は『ニードル脱毛』と呼ばれる施術方式でした。

ニードル脱毛は電気脱毛も呼ばれ、毛穴に針を刺し、そこに電流を流して毛根を破壊するというものです。字面だけで既に痛そうですが、実際も「めっちゃ痛かった」です。今のところ、私の脱毛史上、ナンバーワンの痛みです。もし鼻下もこの方式でやったらと思うと想像しただけで恐ろしいです。

肝心の効果の方ですが、残念ながらほぼありませんでした。あれだけの痛みに耐えたのに…という感じです。おまけに施術した毛穴の多くにニキビのような膿ができる「毛嚢炎」になってしまい、皮膚科に通うハメに。

一度きりの体験コースで数千円だったと思うので、脱毛自体は高くなかったのですが、逆に皮膚科の方でそれ以上取られるという本末転倒な結果になってしまいました。

ヒゲ脱毛体験談① – 美容皮膚科にて

次に脱毛を受けたのは美容皮膚科でした。きっかけは上記のニードル脱毛で出来た毛嚢炎を治療するためです。そこで先生に事情を話す中で「うちは医療機関だから医療レーザー脱毛ができるよ~。毛嚢炎が治ったらやってみる?」と言われたのでチャレンジしてみることにしました。

そこでは約2ヶ月おきに5~6回受けたのですが、結果から言うとその選択は大正解でした。あれだけ青ヒゲだったのが、最後の方は大分薄く・少なくなり、頬やアゴ下・首のヒゲはチョロチョロ生えている程度でほぼなくなりました。この時から既に6~7年ほど経っていますが、口周り・アゴ以外は未だにほとんど毛が生えていません。

ちなみにこの時に使っていた機械は「アレキサンドライト」でした。医療レーザー脱毛なので当然、看護師さんにやっていただき、施術も丁寧で肌のトラブルもありませんでした。

痛みの方はアレキサンドライト特有の肌にゴムを弾かれたような感じで、鼻下は特に痛かったです。ただ、その分、2週間前後でゴッソリ毛が抜け落ちてきて脱毛効果を実感することができた(アレキサンドライト・ヤグレーザーの特徴)ので、それを思うと耐えられることができました。

その後、大分ヒゲが目立たなくなってきたのと離れた場所に引っ越ししたのもあって、ヒゲの脱毛はそこで一旦区切りを付けました。

ヒゲ脱毛体験談③ – ゴリラクリニックにて(現在進行形)

その後、2017年にワキの脱毛を受けたことをきっかけにヒゲの脱毛も復活しました。ワキ脱毛について知りたい方は下記を参照ください。

【画像付き】メンズ脱毛体験レポート – ワキ毛編

こちらは現在進行形で続けており、「ゴリラクリニック」で施術を受けています。

1回目

久々のヒゲ脱毛で機械も「アレキサンドライト」だったので痛みにビビっており、試しに「笑気ガス」のオプションを使って施術を受けてみました。

笑気ガスを使うとふわふわとお酒に酔った時のような感じになり、感覚が鈍るので痛みも大分和らぎました。

初めてヒゲの脱毛をする人は鼻下が特に痛いので初回は笑気ガスを使っても良いかと思います。笑気ガスを使った場合は追加で1回3,000円かかります。

私の場合、次から「メディオスター」という痛みが少ない医療レーザー脱毛の機械で予約したので、2回目以降は笑気ガスのオプションは付けませんでした。

効果の方はアレキサンドライトらしく、2週間前後でゴッソリ毛が抜け落ちてきて、ヒゲ剃りの際も非常に楽になりました。

2~4回目

2~4回目は「メディオスター」を使って施術を受けました。

メディオスターはレーザーでバルジという発毛因子を破壊することによって脱毛効果を得るもので、「アレキサンドライト」や「ヤグレーザー」が脱毛箇所をピンポイントで照射するのに対し、メディオスターは施術箇所を滑らせるように何度も往復します。

評判通り、痛み自体は少なかったのですが、私は下記の二つの理由で5回目からアレキサンドライトに戻すことにしました。

① 何度も往復するので、1回で照射された方が痛みが少ない

2~3回目はレーザーの出力もそこまで強くなかったのか痛みは少なかったのですが、4回目は毛が薄くなってきたことに伴ってレーザーの出力も上がり、施術箇所(特に鼻下)を何度も往復されるのがかなり痛かったです。

私個人の感想ですが、アレキサンドライトやヤグレーザーは1回の照射で終わるので、1回で終わる痛みの方が耐えられるなと判断しました。

② 脱毛効果の実感を得にくい

メディオスターの特徴として、アレキサンドライトやヤグレーザーに比べて「毛が抜けるペースが遅い」というのがあります。おそらく、実際は同じくらい抜けていると思うのですが、そのペースが毛周期(新しい毛が生えてくるタイミング)と被るため、「あれ?本当に抜けてるの(効果があるの)?」と思いがちです。

私の場合はまさにそうで、「痛みも大した変わらないならより効果が見えるアレキサンドライトやヤグレーザーの方がいいな」と思い、5回目以降はアレキサンドライトに戻すことにしました。

ちなみにこちらは5回目を受ける前日の画像です(ヒゲを剃ってから2日近く経った状態です)。

5回目

5回目は久々にアレキサンドライトを体験しました。痛いことに変わりはありませんでしたが、やはり痛みの質的にはメディオスターよりは耐えられるものでした。1回照射すれば終わるという精神的な安心感もあります。

また、この時は男性の看護師さんが担当だったのですが、「痛いですよね?なるべくゆっくりやりますね」と気を遣ってくださったので、心理的な恐怖感も和らぎました。

ゴリラクリニックは看護師さんのこうした細かい気配りがすごく良く、その後の脱毛の相談なども親身に乗ってくださるので安心して施術をお願いできます。

こちらは6回目を受ける当日の画像です。

6回目

6回目は初めてヤグレーザーを使ったヒゲ脱毛に挑戦しました。担当される看護師さんにアレキサンドライトとの違いを聞いたところ、レーザーの波長がアレキサンドライトと比べて長い(皮膚の奥まで届く)そうで、ヤグレーザーはシミ取りの治療でも使われるそうです。

ワキ脱毛の方はヤグレーザーを使った経験があるのですが、ヒゲでやってみた感想としては…大失敗でした。と言うのも、痛みに強い自信がある私でも途中で笑気麻酔を使ってもらおうか悩むほどめちゃくちゃ痛かったです。笑

おそらくアレキサンドライトと比べて痛み自身はさほど変わらないのでしょうが、レーザーと同時に出る冷却ガスの量や質が大違いで、ヤグレーザーの方はそれが大分少ない印象でした。

アレキサンドライトの方はプシュッ!と大きな音が出るほど勢いよく細かい氷の粒のような冷却ガスが出るので、この冷たさで皮膚が麻痺するというか、痛みを緩和する(錯覚させる)効果があると思うのですが、ヤグレーザーの方はそれがほぼ無いに等しいのでその分痛みを強く感じました。脱毛後の皮膚もしばらく熱を持っているような感じで施術部位がジンジン痛みました。

ここからは6回目を終えた感想です。これまでメディオスター・アレキサンドライト・ヤグレーザーと一通りの機械を使ってレーザー脱毛を体験してきましたが、痛みと目に見える効果(どの機械を使っても最終的な抜け具合は同じとのことです)を勘案すると終わった直後は『やはりレーザー脱毛をするなら自分はアレキサンドライト一択だな』ということで7回目はアレキサンドライトで予約を取りました。

しかし、2週間ほど経って施術箇所の毛が抜け始めると、その綺麗な抜け感に驚きました。今は口周りのヒゲがほぼ無毛状態です。これまではアレキサンドライトで施術を受けても抜け感がバラバラな箇所もあった(特に鼻下)のですが、ヤグレーザーで受けてみて鼻下の毛もほぼなくなりました。

こちらがその画像です(もう5日近くヒゲを剃っていない状態です)。

これまでの効果をまとめると以下のような感じです。

・脱毛時の痛さ
ヤグレーザー>(超えられない壁)>アレキサンドライト>メディオスター

・脱毛後の抜け感
ヤグレーザー>アレキサンドライト>(超えられない壁)>メディオスター

今回の抜け感を見て、次回はヤグレーザー+笑気麻酔に変更しようかなぁと少し迷い中です。笑

これまでヒゲ脱毛にかかった費用

これまでにかかった費用は以下です。今は昔と比べて脱毛のコストも安くなっているので、私のような青ヒゲの方も10~15万円程度で相当薄くなるのではないかと思います。

大手エステサロン(ニードル脱毛)

約2,000~3,000円(1回のみの体験コース)

美容皮膚科(医療レーザー脱毛)

約120,000~130,000円(1回あたり15,000~20,000円)

ゴリラクリニック(医療レーザー脱毛)

約100,000円(鼻下・アゴ・アゴ下の回数無制限コース ※)

※こちらのコースは現在終了していますが、今は6回68,800円で、7回目以降は1回あたり100円を払えば同じ施術を受けることができますので、私が申し込んだ時よりもむしろかなりお得になっています。

管理人オススメのクリニック

私のオススメはやはり「ゴリラクリニック」です。理由としては3つあり以下となっています。

① 脱毛に精通した看護師さんが担当する

上記で述べたように、ゴリラクリニックの看護師さん(特に最近は男性看護師さんが担当されることが多いです)は施術を受ける人に対する気配り・配慮が素晴らしいです。常に「痛くないですか?」「もうちょっとですから頑張ってくださいね」と声をかけながら施術をしてくれるのでこちらも安心して任せることができます。

施術前後のコミュニケーションもしっかり取ってくれるので「前回はこうだった」「次回はこうしたい」など、看護師さんに色々と相談をすることもできます。

また、時間をかけて丁寧にやってくださる分、打ち漏らしや施術後のトラブルもほぼなく、より効果を実感することができます。

② 痛みを減らす工夫が多い

ゴリラクリニックならではの特徴として、より痛みを少なくするため、笑気ガスや表面麻酔・局所麻酔などのオプションを用意しています。

もしどうしても痛みに耐えられなさそう・恐怖を感じるという方がいたらぜひ一度使ってみてください。

③ 予約が取りやすい / 待ち時間が少ない

実際にいくつかサロンやクリニックを経験して実感したのですが、ゴリラクリニックは圧倒的に予約が取りやすく待ち時間も5~10分程度と少ないです。

今、私が使っている別のクリニックを例に取ると、希望する日は常に埋まっていて、最短で施術を受けられる日より相当先延ばししないとなかなか予約が取れなかったり、時間通りに行っても1時間近く待たされるようなことが頻繁にあります。

唯一、デメリットを挙げるとすると他のクリニックと比べた際の費用の割高感です。しかし、上記のメリットを考えると、他クリニック以上の費用を支払ってもゴリラクリニックにお願いするべきです。

「なるべく少ない回数で効率的に毛を減らしたい」「なるべく痛みを少なくしたい」「脱毛を知り尽くしたプロフェッショナル(看護師さん)にお願いしたい」「脱毛について親身に相談に乗ってほしい・プロの視点からアドバイスを受けたい」、そんな方にはゴリラクリニック一択です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする