【画像付き】メンズ脱毛体験レポート – 腕(肘上下)編

私が腕の脱毛を考えたきっかけ

私は成長期を迎えた中学2年生頃から急に毛深くなり始め、腕もその一つでした。肌が白かった分、余計に毛が目立つ状態で、夏の体育は学校指定の半袖短パンが強制だったのでいつも授業の時は憂鬱でした。

周りの同級生の中には毛深い人がほとんどおらず、クラスのボス的存在から腕毛やすね毛が毛深いことを皆の前でイジられたりすることも多く、途中からはいつも前日に腕毛を剃ってから体育の授業を受けていました。それはそれで「こいつ毛を剃ってやがるww」とイジられたりして苦痛でしたね。

毛深い人あるあるの話だと思うのですが、肌が白くて毛が太くて濃いと、剃るとすごく毛穴がボツボツ目立つんですよね。自分の体ながら、それを見るのも嫌でした。

こうした経験があり、私は腕毛を見られるのが嫌でいつしか真夏でも長袖を着るようになっていました。それはアラサーになった今も続いており、腕毛が薄くなったら半袖にチャレンジしようと思っています。6月中旬に初めて腕の脱毛をしたので、今年の夏には間に合いそうです。

さて、私が腕の脱毛をしようと思ったきっかけなのですが、現在ヒゲやVIO・ワキなど様々な部位の脱毛に挑戦しており、「もうせっかくだから全身脱毛やっちゃおうかな」と考えたことです。

これまで、一番コンプレックスに感じていたヒゲやVIO・すね毛、匂いが気になっていたワキは優先的に脱毛してきたのですが、腕毛はこれらの部位に比べるとそこまで優先度が高くなかったので後回しにしていました。

しかし、夏に向けて湘南美容外科クリニックの全身脱毛プランがお得ということを知り、せっかくなので腕を含む乳首周り(乳輪)や腹毛(ギャランドゥ)・お尻など全身を脱毛することにしました。

腕の脱毛体験談① – 湘南美容外科クリニックにて

まず、こちらは腕の脱毛を受ける前の画像です。肌が白いこともあって、結構毛が目立っています。

左腕

右腕

1回目

湘南美容外科クリニックでは以前からVIOの脱毛を受けていたのですが、先日初めて腕の脱毛も受けてきました。もちろん、施術方式は『医療レーザー脱毛』です。機械に関して、VIOの時は「メディオスター」を使っていたのですが、脱毛効果の実感があまりなかったということもあり、腕の方は「アレキサンドライト」でお願いしました。

正直な感想なのですが、「思ったより痛かった」です。腕全体なので照射範囲がとても広く、アレキサンドライトなのでゴムで弾いたような痛みが延々と続く感じでした。また、時間も限られていたので休む間もなくどんどん照射されていき、それもより痛みを感じる原因となりました。

また、施術を受けた後にしっかり冷やしていただいたのですが、それでもところどころ赤みが強く残っており、やった直後は「ちゃんと腫れが引くかな…」と不安になりました。

こちらは施術を受けてから6時間後くらいの画像です。なるべく熱を持たないよう注意していたので幸い腫れや赤みもかなり引いて、朝起きたらほぼ目立たなくなっていました。

左腕

右腕

次回は約2ヶ月後になりますので、その時にまた腕毛の様子をアップしたいと思います。ぜひ、減り具合などを見てもらえれば。

腕の脱毛にかかった費用

私の場合は湘南美容外科クリニックの顔・VIOを除く全身脱毛3回プラン(148,000円)で申し込みましたので、正確な費用感は分からないのですが、仮に湘南美容外科クリニックで手足スッキリコースを申し込んだ場合、3回で113,400円なので、腕(腕の付け根から指先まで)1回あたりは18,900円くらいになるかと思います。

実際に受けてみると分かるのですが、腕全体なので照射範囲も広く、思ったより施術時間もかかります(約1時間ほど)ので、個人的にはこの値段感は全然妥当なのかと思います。

むしろ湘南美容外科クリニックは他クリニックに比べて安い方ですので、まずは手広く色んな部位を薄くしたいという方にとっては私のような全身脱毛3回プランがコスパも良いと思います。ご参考までに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする